医院経営支援

新たに取り組んでいきたいことはありますか。
委託していきたいことはありますか。
まずは現状の課題をお聞かせください。

今や医療環境の問題は、地域全体の課題となりました。私たちのもとに多く寄せられるのは、医療機器や備品の仕入れ等に関わるコストのこと、医院の規模や体制に見合っただけの患者さんに来ていただきたいという集患のことなどです。
最近では、地域の病院と連携しやすい医院づくりを行うことも課題のひとつです。
こうした医院経営に関する課題を解決していくのも、私たちの役割です。

img_management

「効率のよい仕入れをしたい。」

開業当時は戦略的に仕入れられていた医療材料も、必要に応じて発注する作業を繰り返すことによって効率が悪くなっていることがあります。地域の流通状況も加味しながら定期的に仕入れを見直すことで経営改善に貢献します。

「医院の規模や体制にあった集患をしたい。」

集患は難しい問題です。患者さんが少なすぎれば経営は成り立たないし、多く集まりすぎても患者さんに負担をかけてしまいます。診療圏の再調査や現状の患者さんの動向に合わせた体制の見直しを行うことで適切化していきます。

「安全管理を徹底していきたい。」

私たちは常に新しい事例に基づいて、各医療機器メーカーとともに安全管理への対応策を研究しています。近隣の病院と互換性を持つなどの広い視野から検証を行い、リスクを回避するための対策を図っていきます。

「患者さんの負担を減らしたい。」

外来の待ち時間を減らしたい。手術後に気持ちの落ち着く環境を提供したい。患者さんのプライバシーを守りたいなど、開業後に発生した課題を検討し、無理なく解決できる方法をご提案します。

診療所から始まる地域医療づくりのために何ができるのか。

ご意見箱

皆様からのご意見やご要望を
お寄せいただいております。